All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【webマーケティング】欲望を満たし約束を守る事が重要

ブログ再開


最近、思うのはECやマーケティング関係の相談がすごく多いとの事。


ECサイトでの売り方を教えてくれというものや、サイトを含めたマーケティング周り全般について。。


でも、ECサイトでの売り方を考えていて思うのは、結局ECサイトで売ろうと思うと
その企業全体の戦略から考えて行かないといけないという事


どのターゲットに対して、どういう商品で、どういう価格帯で、どういうイメージで
訴求していくのか?



その辺りの事をはっきりと企業の戦略として決めていかないといけない。


小手先のECサイトのレイアウトや、広告を活用した販促である程度までは売上は上がるかも
しれないけれど、他社との決定的な差別化が出来ない。



そして、差別化が出来ないという事は、結局は価格競争に巻き込まれて行く事を意味している。


何も特別な商品を扱って、他社と差別化する必要はない。
顧客の目線から見たときに差別化出来ていれば良いのである。


顧客の心の差別化は、顧客に優越感を持たせるし、ロイヤリティを圧倒的に高める事にもなる。
そのために重要になってくるのが、「欲望」と「約束



自分が扱っている商品を使って、顧客のどんな欲望を満たしたいか?
という事を徹底的に考える。


意外と「欲望から商品を考える」よりも、
商品から、どんな欲望を満たしたいか考える」方が面白い答えがでる。



例えば、ソファを商品として販売しているとする。
そのソファは、顧客のどんな欲求を満たしたいのか?

•女の子を部屋に呼んだ時、とにかくモテたい?
•気持ちよくて癒されたい?

どの欲望に焦点を合わすかを決めて、徹底的に深堀していく。
どんなシチュエーションで、購入層はどんな人か、などなど。。


そして、欲求を完全に深堀できたら、
あとは、それを顧客に約束するのである。

そこで必要になってくるのがコピーライティングである。
コピーライティングは奥が深いので、また別の機会に詳しくは書くが、
説明分や写真、そして商品名などによって顧客のイメージの中で、
欲望を満たす事を約束させてあげる
のである。


それが、出来れば顧客はソファを買ったのではなく、自分の欲望を満たしてくれる物を購入した
という事になる。なので、ここまでくれば、普通のソファ自体が競合にならない。


まぁ。言うは易し行うは難しなのだけど。。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。