All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターゲットについて2

前回のエントリでは、ターゲットは欲望を中心に設定するという事を書いた。


今回はこれについて、「モテたい」という欲望を満たすターゲットを
どうやって設定するかという事を例にとって書いていきたいと思います。



メンズスタイルでは、メンズ服を販売していますが、
本当に販売しているのは服ではありません。


この服を着れば、モテるかもしれないというイメージを販売しているのです


つまり、スペックや価格で訴求している訳ではないのです。


ここがポイントです。
最初に、ECで成功するためには

1)商材力
2)運営力
3)プロモーション力

が必要であると書きましたが、

1)商材力

ついては、特殊な売れ筋の商品を必ずしも仕入れる事が出来なくても、
欲望に基づいたイメージを作り出す事によって、商材力を得る事ができるのです。


では、どうすればイメージを作りだせるのか?
それには、ストーリーを作り出す事が重要になってきます。

ユーザーが自分の事と思うようなストーリーです。


そのために、メンズ服の場合は、
•ユーザーと同じような体型のモデルを使う。
•遭遇するようなシチュエーションを説明文に入れる。

などがあります。

何度も言いますが、ポイントは便利になる事や、快適になる事を訴えかけるのではなく、
欲望の訴求する事が大事です。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。